Blog

イベント・お役立ち情報

Blog 2020.03.19

[20代向け]派遣と業務委託(フリーランス)の違い

昨今取り出されている働き方について、どのような違いがあるか今回は派遣と業務委託について触れていきます。

派遣とは「仕事を探している人(労働者)」が「派遣会社」に雇用されている状態で「人手を求めている企業(派遣先)」で働く雇用形態のことを指します。
直接雇用ではないのがこの形態に該当します。

派遣とは大きく分けて「労働者」「派遣会社」「派遣先」の3つがあり成立する雇用形態です。
業務委託は『委任契約』と『請負契約』の2つに別けることができ、業務委託について簡単に説明すると、
「A会社」があるプロジェクトを業務を遂行するために人手やスキルが足りない場合などに助っ人として「労働者」を雇う形態です。
依頼会社と労働者は雇用関係になく対等な関係となります。
委任契約とは、契約の目的を「事務作業を業務委託して処理をする」契約です。委任契約の人は「仕事の結果を出すこと」は義務ではありません。
一方で、請負契約とは「仕事を完成させ結果を出す」契約です。

派遣契約の場合はある程度、自由に働けます。最大の魅力は職場に慣れない、雰囲気が合わないなど働くうえで不都合があっても、
契約期間さえ勤務すれば勤務先を変更することが可能です。
あくまでも契約しているのは派遣会社なので勤務地変更の権限は契約者である派遣会社にあります。
さらに依頼会社の職場で何かトラブルや問題が起きた場合でも派遣会社が間に入り相談やトラブル解決に当たることができるため1人で悩むことはありません。
加えて、派遣企業独自の福利厚生や教育制度を享受する事も出来ますので、スキルアップを図りたい方にはお勧めの働き方といえるでしょう。

業務委託のメリットは依頼会社の業務をある程度自分の考えに基づいてスムーズに仕事が行えることにあります。
上司から命令や横暴な指示が少なかったり、部下の指導をする必要がないなど、人間関係に左右されずに仕事ができます。
その理由としては、依頼会社とは雇用関係にないため対等な立場だからです。
請負人に対しては教育などのサポートはしないことが多いですが、業務さえ完了すれば働く場所や時間など、比較的に自由な働き方が可能です。
一般的にフリーランスと呼ばれる上記の働き方には、労働基準法が適用されない働き方になります。
労働基準法は残業代などの夜勤手当や残業手当が払われないと言う点に注意が必要と言えます。

派遣企業にも就業後のフォロー体制や案件保有数など違いがありますので、どのプロジェクト活躍したいかをイメージした上で、
企業や働き方を選ぶSTEPを踏みましょう。

Back